中国支部 講演会

【開催日:4/16】2019年度 電気学会中国支部 活動報告会・特別講演会

2019年4月16日 3:20 pm ~ 2019年4月16日 5:10 pm

開催地・会場:広島県 国電力株式会社 本社
住所 広島市中区小町4番33号
交通 広島駅から路面電車(1)宇品線に乗り「中電前」下車(約20分)
紙屋町バスセンターから徒歩10分
地図リンク
中国支部活動報告会 (15時20分~15時40分)
 会 場:中国電力株式会社本社 2号館8階 大会議室
 内 容:平成30年度事業報告
     2019年度事業計画
     2019年度支部役員紹介
     平成30年度電気学会論文発表賞Bおよび電気学会中国支部奨励賞受賞者紹介
特別講演会 (16時00分から17時10分)
 会 場:中国電力株式会社本社 2号館8階 大会議室

 講 師:大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 核融合科学研究所
     核融合工学研究プロジェクト 研究統括主幹 柳 長門 氏

 演 題:核融合 ― 超伝導で作る地球の安全装置 ―

 概 要:核融合反応を人工的に実現することは、安全性が高く、高レベル放射性廃棄物の出ない将来の原子力エネルギーとして有望です。
     現在、フランスにおいて国際熱核融合実験炉 ITER の建設が進んでおり、これには、トカマク型が採用されています。
     一方、核融合科学研究所では、ヘリカル型の核融合実験装置 LHD による定常プラズマ研究が進展しています。
     核融合研究の最前線を紹介するとともに、将来の核融合原型炉構想や、早期実現のための戦略について議論します。
     併せて、磁場閉じ込め核融合炉に必須の超伝導技術について、様々な用途を含めて紹介します。
     また、超伝導技術を用いた未来構想として、人工地磁気発生による地磁気反転期対策や火星移住化支援についても議論します。

 略 歴:1987年 京都大学大学院工学研究科原子核工学専攻 修士課程修了
     1989年 核融合科学研究所 助手
     2000年 同研究所 准教授
     2014年 同研究所 教授
     2017年 現職
参加費 無料
申込方法 (非会員の方も参加いただけます)
所属,氏名,電話番号,E-mailアドレスを記入のうえ,4月11日(木)までに
メールまたはFAXで中国支部事務局までお申込下さい。
申込・問合先 〒730-8701 広島市中区小町4-33
  中国電力株式会社 送配電カンパニー(品質管理)内
  電気学会中国支部事務局(担当:木村)
   TEL:(082)544-2667 FAX(082)544-2684
   E-mail:T-ieej@pnet.energia.co.jp
主 催 電気学会中国支部
» 今日のイベント » カレンダー » リスト