関西支部 講習会

日本型スマートグリッド構築に向けた実証試験等の動向

一般向け

2010年10月1日 1:30 pm ~ 5:10 pm

開催地・会場:大阪府 中央電気倶楽部 511会議室
住所 〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-1-25
交通 堂島地下街南詰めを右側に上がり,右へ約50m,左側のレンガ造りの建物
地図リンク
リンク お申込み
内容  近年、地球温暖化問題への関心の高まりから、低炭素社会実現に向けての取り組みが行われています。特に、わが国においては、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを積極的に導入していくことが考えられていますが、こうした出力が不安定な電源を大量に導入する際にはさまざまな技術的課題を解決していく必要があります。また、供給面だけでなく、電力の需要面においても、電気自動車の普及などの新たな電化の進展に対応していく必要があります。こうした電力需給両面での変化に対応するため、情報通信技術等を活用して効率的に需給バランスをとり、電力の安定供給と効率的利用を実現する「日本型スマートグリッド」の検討が進められています。
 本講習会では、低炭素社会実現に向けて実証試験等に取り組まれている専門家の方々を講師に迎え、関連する技術の動向や今後の課題等について、ご紹介をいただきます。
奮ってご参加くださいますよう、ご案内いたします。
講演項目と講師 13:30~13:35 開講の挨拶     電気学会関西支部 支部長
13:35~14:25 離島マイクログリッド実証試験の実施について
                     下河 義秀(九州電力)
14:25~15:15 分散型電源の大量導入が系統事故時の基幹系統に
               与える影響に関する実証的検証
                     北内 義弘(電力中央研究所)
15:15~15:25 休憩
15:25~16:15 関西電力における太陽光発電の取組み   
                     水谷 敦史(関西電力)
16:15~17:05 パナソニック電工におけるDC配電への取組み
                     中北 賢二(パナソニック電工)
17:05~17:10 閉講の挨拶      電気学会関西支部 総務企画幹事
聴 講 料 会員(正員8,000円,准員・学生員3,000円)
会員外(一般10,000円,学生5,000円)
定  員 80名(定員になり次第,締め切らせていただきます。)
申込方法 終了いたしました。
申 込 先 〒530-0004大阪市北区堂島浜2-1-25中央電気倶楽部内
関西電気関連学会事務センター
phone:06-6341-2529,2530 Fax:06-6341-2534
E-mail:denki4g@ares.eonet.ne.jp
主催 電気学会・電子情報通信学会・照明学会・映像情報メディア学会 各関西支部
» 今日のイベント » カレンダー » リスト