B部門 フォーラム

超電導を用いるエネルギー貯蔵の最先端

一般向け

2009年5月12日

開催地・会場:東京都 早稲田大学 大久保キャンパス62号館1階 大会議室
住所 〒169-8555 東京都新宿区大久保3-4-1
JR山手線,西武線 高田馬場駅(徒歩15分),地下鉄副都心線 西早稲田駅すぐ
地図リンク
概略内容 このフォーラムでは,代表的な超電導応用の一つである電力貯蔵を取りあげ,磁気エネルギーとして貯える超電導エネルギー貯蔵(SMES),回転エネルギーとして貯える超電導軸受フライホイール(FW)について解説していただきます。SMESもFWもNEDOのプロジェクトとして採択されており,多くの研究機関にて積極的な研究開発が続けられています。講演の主な内容は,機器の基本的な特性,システム概要,プロジェクトの概要,最新の開発動向などで,SMESとFWを三件ずつ専門家が講演されます。これらの機器にかかわっておられる研究者や技術者の方々にはもちろんのこと,超電導を研究している若手研究者にも有益なフォーラムになると確信しています。多くの皆さま方の参加をお待ちしています。
プログラム 1:00-1:05 開会                    石山敦士(早稲田大学)
1:05-1:45 強制冷却超電導SMES (フェーズ1と2)     長屋重夫(中部電力)
1:45-2:25 瞬低用SMES                 野村俊自(東芝)
2:25-3:05 高温超電導SMES               石山敦士(早稲田大学)
3:05-3:15 休憩
3:15-3:55 超電導フライホイールエネルギー貯蔵システムの概要
                           大崎博之(東京大学)
3:55-4:35 我が国における超電導フライホイールエネルギー貯蔵
     システム研究開発プロジェクトの概要
                           腰塚直己
4:35-5:15 超電導磁気軸受の特性解析と設計の考え方   出町和之(東京大学)
5:15-5:20 閉会                    大崎博之(東京大学)
テキスト 下記の技術報告書をテキストとして使用します。お持ちの方はご持参ください。
購入希望者には,4月16日までに下記に事前予約いただけば当日に受付で販売します。
事前予約部数のみ印刷しますので,予約期限厳守でお願いいたします。
・技術報告書(第1120号)「超電導応用機器設計基礎技術」
                    会員/非会員共2,800円(消費税込)
・技術報告書(第1152号)「超電導磁気軸受フライホイールエネルギー貯蔵
     システムの研究開発動向」 会員2,200円,非会員2,800円(消費税込)
申込方法 ○ホームページからのお申込み:http://www.iee.or.jp/forum.html
○電子メールでのお申込み:氏名,所属,連絡先をEmailにて下記にお送りください。
参加費 会員2,000円,非会員3,000円,学生は会員800円,非会員1,200円
参加費支払い方法 当日に受付にて現金でお支払いください。
テキスト事前予約,申込み,問合せ先 上智大学 高尾智明 Email: takao@eco.ee.sophia.ac.jp
主催 超電導応用電力機器技術委員会(委員長:濱島高太郎)
協賛 低温工学会,早稲田大学理工学術院
» 今日のイベント » カレンダー » リスト