東京支部 講習会

トピック講座「電力事業を取り巻く課題解決の最前線と,IoT,ビッグデータ,AIを活用した最新のインフラ設備診断技術」

2018年2月7日 1:30 pm ~ 5:00 pm

開催地・会場:東京都 電気学会第1~5会議室
住所 東京都千代田区五番町6-2HOMAT HORIZONビル8階
交通 JR 総武線(中央線各駅停車)市ヶ谷駅下車徒歩2分,あるいは東京メトロ有楽町線・南北線,都営地下鉄新宿線市ヶ谷駅下車,3 番出口より徒歩2 分
地図リンク
題目と講師 13:30~13:35 開催挨拶
電気学会東京支部
13:35~15:05 講演①「送配電事業を取り巻く環境変化と諸課題への取り組み」
中澤太郎(東京電力パワーグリッド)

【講演概要】現在日本においては,再エネ導入,電力自由化,発送電分離が急速に進んでいる。将来的には人口減少を起因とする需要減少や,高度成長期に建設した大量の送変電設備が更新時期を迎える。 こうした環境変化や,未来の不確実性に柔軟に対応しうる設備に電力系統を作り替えていくことが今後必要となる。新技術の開発・適用などの技術面に加え,系統利用ルール,制度面について今後の重点取り組み事項を解説する。

15:05~15:20 休憩


15:20~16:50 講演②「ビッグデータと人工知能による電力設備診断」
堤富士雄(電力中央研究所)

【講演概要】ICTの急速な発展により人工知能(AI)の活用基盤が整いつつある。一方,電気事業では高経年設備の保守へのAI活用に期待が寄せられている。本講演では,AIの最新動向の紹介と,当所がこれまで設備診断分野で実施し,研究を続けているAI研究を紹介する。さらに,AIの効果的な適用を阻む各種の障壁・課題と,その解決策を議論する。

16:50~17:00 閉会挨拶,アンケート記入
参加費 一般(会員・会員外)8,000円 学生 5,000円
※いずれも消費税込の価格です。
※参加者には講演資料の一部あるいは要旨を配付する予定です。なお,資料のみのお申込みは受け付けません。
申込期限 2018年1月31日(水)
※講座当日の参加申込は受け付けません。必ず上記期限までにお申し込み下さい。
定員 60名(定員になり次第,締め切らせていただきます。) ★定員に達したため参加申込を締め切りました(2017.12.6)
参加申込方法 ①行事名
②参加者氏名
③勤務先または学校名
④連絡先Tel・Fax・E-mail
⑤一般/学生の別
⑥支払方法(当日払/振込の別)
⑦支払方法が振込の場合は請求書の郵送先
を明記の上,下記申込先(電気学会東京支部)へE-mailまたはFaxでお申し込み下さい。
※受付を完了しましたら,折り返し「申込確認書」を返信します。3~4日経っても返信がない場合は,電気学会東京支部にお電話下さい。
申込先・問合先 電気学会東京支部
E-mail: tokyo-cp@iee.or.jp
Tel:03-3221-7312 Fax:03-3221-3704
主催 電気学会東京支部Link
» 今日のイベント » カレンダー » リスト